人気記事!
【中華の酒菜】中国の居酒屋で酒に合うおすすめ料理10選!

居酒屋といえばビール!ハイボール!お酒は日頃のストレスを発散させる1つの方法として大人の皆さんは大好きですよね〜!

今回はお酒好きな日本の中、数段上の超お酒好き大国である中国について紹介していきます。しかしお酒ではなく、お酒を飲む上で欠かせないおつまみや料理に焦点を当てましたので、食べたくなること間違いなし!

中国の居酒屋や中華料理屋さんに行く機会があれば、注文してみることをお勧めします!病みつきになること間違いなしの前菜10選をどぞ!

酱香牛肉 (ローストビーフ風)

出典 https://sina.cn/index/feed?from=touch&Ver=10

ローストビーフのような赤みを少し残し、噛みしめるごとに牛肉の甘みと醤油風味が口の中に広がる大定番の料理です。牛の前足、胸、腱など様々な部位が使われており、醤油をベースに長時間煮込まれているので、仲間で柔らかくなっており、肉の臭みや脂っこさが一切なく美味しいです!

古代の英雄である『水滸伝』にも登場した武松や喬峰などが酒を飲む際の前菜として食べていたという長い歴史を持ち、長年愛されている料理です。

白斩鸡 (蒸し鶏)

出典 https://m.sohu.com/a/260562528_661237/

清王朝時代の民間ホテルのレストランが発祥とされる白斩鸡は、味付けされることなく、そのまま蒸し焼きにして細かく切られただけです。柔らかい弾力のある鶏肉に自信があったからこそできる料理で、中国南部の庶民の間で爆発的に人気になりました。

皮のパリパリとした食感と、お肉のしっとりふんわりをそのまま味わうこともできますが、醤油や麻辣ソースを少しつけて食べるのもおススメです!

凉拌猪耳 (ミミガー和え)

出典 https://www.sohu.com/a/329599151_100177429

豚の耳を煮込んだ冷たい料理で、日本の沖縄の『ミミガー』とほとんど同じです。そのまま食べられることが多いミミガーと対照的に、中華ではニンニクやごま油などで味付けをして、冷蔵庫で冷やされます。

お酒のおつまみとして『鶏皮ポン酢』並みの人気があります。色々な味付けのされ方があり、各地方で違う味が楽しめます。コリコリとした食感と新鮮なさわやかな味付けは、お酒好きにとってはたまらない一品です!

凉拌腐竹 (湯葉和え)

出典 https://c.m.163.com/news/a/EJ5GENG70522VGPB.html?referFrom=baidu&spss=adap_dy#adaptation=pc

腐った竹と料理名はされていますが『湯葉』です。日本の湯葉はそのまま出来立てを食べるのが主流ですが、中華の湯葉は一度乾燥させて水分を飛ばしてから食材として使います。

干し湯葉に醤油や酢などで味付けをし、ニンニクや唐辛子を加えて和えます。干しているので調味料を良く吸収し、味が浸透しています。その後に冷蔵庫で冷やせば完成です。夏の暑い季節や、居酒屋のピリ辛メニューとして人気があります。

油炸花生米 (揚げピーナッツ)

出典 https://zhishi.xkyn.net/jingyan-vmakkmvng.htm

中国全土で揚げピーナッツは最も人気のある定番料理です。塩を振りかけただけのシンプルな味付けでテカテカの脂っこい見た目ですが、しつこくないあっさりした味でサクサクとした食感が維持しやすいので、宴会の最初から最後まで活躍する料理です。

しかもお酒と一緒に食べると、胃への刺激を緩和してくれるので、お酒好きの中国人にとってみれば一石二鳥の働きをしてくれます。しかしカロリーが高いので、飲みすぎや食べ過ぎには注意が必要です。

爆炒螺蛳 (カタツムリ炒め)

出典 https://m.douguo.com/cookbook/1370505.html?f=www

少しゲテモノ感溢れる出で立ちですが、実はカタツムリです。中国の南部の方でよく食べられており、屋台や露店で人気のおつまみです。

日本でもカタツムリに似たサザエなどの貝類を食べているので、抵抗感は少し薄いかもしれませんが、名前を聞くと少し嫌ですよね。しかしフランス料理では『エスカルゴ』と呼ばれる定番料理があり、そっちならいける。イメージや名前って食欲に結構関係していますね…。

ゲテモノ好きのあなたにはこちら!

刀拍黃瓜 (ピリ辛きゅうり)

出典 https://www.sohu.com/a/309492427_120051018

中華風キムチって言う方が分かりやすいですが、キムチの辛さと違う旨味があります。酢やごま油を垂らして和えているので、マイルドな辛さがお酒のスピードを高めてくれます。

冷たいきゅうりはピリ辛で爽やかなので、夏の食欲のない時期にも食べれる料理です。またきゅうりは毒素を排出してくれるとして、美容にも効果があるので、お酒飲みの体の管理を助けいてくれる一面もあります。

香酥小鱼 (小魚のフライ)

出典 http://www.chinasoka.com/cookbook/1423055.html

脂っこいものを食べて、お酒で流し込む!これがお酒を格段に美味しく味わう方法ではないでしょうか!鶏肉の唐揚げほど脂っこくはありませんが、小魚を使った唐揚げが中華では人気です。

内臓を取り、調味料を刷り込んで揚げているのでカリッカリでそのまま食べれます。身も火が通っているので柔らかく、味付けされた衣の味を口の中で融合させれば、病みつきになること間違いなしの一品です!

炸金蝉 (蝉フライ)

出典 https://h5.youzan.com/v2/common/error/closed?alias=hd693gb1&kdt_id=851798

夏の風物詩である『セミ』これをまるごと素揚げしてしまいます。カリッカリでなんとも表現しにくい味ですが、とりあえずサクサクパリパリしていて美味しいです!

中国では蝉を捕まえるために夜に電灯を使って捕獲します。非常に栄養価が高く、長寿不老の『唐僧肉』として扱われてきました。少しお値段は高いようですが、食べるとあなたも不老不死を手に入れることへの一歩を踏み出すことができるかもしれませんよ!

碳烤生蚝 (牡蠣の炭火焼)

出典 https://m.sohu.com/a/257599253_391247

贅沢にも炭火焼されて牡蠣に、ニンニクや醤油などの調味料を山ほど乗っけて加熱されます。中国ではそもそも生牡蠣を食べる習慣がないので、必ず火を通します。内陸地では海鮮系が少しお高いイメージがあるかもしれません!

甲殻類には寄生虫が生息しやすいので、必ず店舗の清潔感を確認して注文しないと、日本人のお腹は少し弱いので…。牡蠣の中だけではなく、貝殻の方にも最近は多くいるので、日本の方に口をつけて身を流し込むと言うやり方はあまりお勧めできません!

中華のド定番料理はこちら!

ご飯と一緒に飲みたい定番白酒はこちら!

やっぱりビールが1番!

おすすめの記事