人気記事!
【中国の豪邸】高級マンションと戸建の価格に仰天10選!

みなさん旅行や出張で中国に行かれたことはありますか?前までは物価が安く、なんでも『おトク』というイメージでしたが、最近はGDPも上がってきており、それに伴って物価上昇も急騰してしまいました。

田舎の方ではさほど変わりはありませんが、都会である北京、上海、深センなどの都市では日本の都心並みに物価が高くなり、もはや日本を越しています。

そんな中で住宅の価格が急騰しすぎている問題が中国で発生しています。物の値段が上がるということは、それほど需要があることであり、中国の富裕層が増えているということにつながります。それで今回は『中国の住宅事情』ということで、『高すぎる大豪邸』について調べてきました!どぞ!

融创・苏州桃花源

出典 https://www.sohu.com/a/392489273_160211

蘇州市にある金鶏湖と独墅湖の中心に位置しているのが、『融创・苏州桃花源』です。351もの中国式庭園で構成されており、建築面積は740平方メートルもあり、価格はなんと『10億元(160億円)』と言われています。

2013年に完成して以来、毎年『中国十大高級住宅』にランクインしており、ここ三年は不動の一位に躍り出ています。その魅力はなんといっても中国5000年の歴史を集結させたと言われる『美しい庭園』で、古代技術から最先端の手法によって作り出されています。

いまや『未来の世界遺産』や『東洋の国宝』と呼ばれるようになりました。2016年に米国CNNは『世界で最も高い家』と紹介したことをきっかけに、世界の大富豪からも熱い視線が送られています。

北京恒大麗宫

出典 http://mini.eastday.com/a/180829171451806-2.html

北京市にある中央ヴィラエリアの中心に位置している『北京恒大麗宫』は、約60万平方メートルのプライベートエリアを有しています。『ここから世界が見える』と言われるほど、財力と権力の象徴とも言われる建物です。

北京恒大麗宫の価格は『2億元(36億円)』と言われており、北京で最も高く、値段の高騰は今なお続いています。ヴィラの近くにはプライベートスパやゴルフ場も完備されています。

内装は宮殿のように豪勢な作りになっており、使っている素材も珍しい石材や歴史のある原木や瓦など、『世界中の技術・素材』を結集して作られています。

南宁觊旋1号

出典 https://www.sohu.com/a/238194979_100203987

中国の長寿都市や国家生体保護都市である南寧市にある『南宁凯旋1号』は、四棟の高層マンションで構成されており、高さは各46〜47階建てになっています。2階以上からは広大な河川である『ヨウ江』が見え、さらに高層階では取り囲む森林公園や繁華街も一望することができます。

外観もひときわ目立つ高層マンションですが、高級マンションと言われる所以は『内装』がとにかく豪華になっています。アジアで最も言われる中国の設計師によってデザインされており、イタリア産やフランス産のタイルや、アフガニスタン産の翡翠などを使用し、高級な宝石によってきらびやかにデザインされています。

出典 http://www.nnjgzx.com/newhouse/newhouse/xiangce/id/15771

上海汤臣一品

出典 https://www.sohu.com/a/286995730_120067927

上海の中心部である外难と川を挟んだ陆家嘴地区にある『上海汤臣一品』は、四棟の高層マンションで構成され、高さは44階建の153mにも及びます。

超都心マンションであり、マンション供給の少ないこのエリアは『六本木ヒルズ』や『虎ノ門ヒルズ』のように超富裕層しか住めないエリアになっています。台湾の設計会社によって設計され、四角形ではなく卵型のように丸み帯びているのが特徴的です。

合生・霄云路8号

出典 http://biz.ifeng.com/focus/detail_2011_06/20/42792_3.shtml

世界一高級マンションと言われるアメリカの『セントラルパークマンション』をモチーフにされたと言われる『合生・霄云路8号』は北京市の中央公園内に位置しています。

9棟ある高層マンションは30階建以上あり、一部屋あたり5500万元(8億円)から売りだされています。7つ星級の豪華な内装が特徴的であり、自然に溶け込んだ高層マンションは住人の心を癒してくれるオアシスと言えるかもしれませんね!

出典 https://house.ifeng.com/search/a2f14g109h12i2l4.shtml

深圳湾1号

出典 https://m.ke.com/sz/loupan/

深センの後海中心区というオフィスやホテルなどのビジネスエリアに位置している『深圳湾1号』は、居住エリアやオフィスの複合施設となっています。大手不動産の集大成とも言われる傑作マンションであり、総面積47万平方メートルの敷地に8棟もの居住地とオフィスエリアが立ち並んでいます。

価格は3000万元(4.8億円)〜6000万元(9.6億円)で売り出されており、湾に面しているため、目の前に広がる自然と海の絶景を望むことができます。

出典 https://www.sohu.com/a/281066210_655892

绿城云栖玫瑰园

出典 https://huaban.com/pins/1429264313/

浙江省杭州市にある『绿城云栖玫瑰园』は、中国の伝統的な庭園を再現しており、伝統的文化の自然を調和させた『時代劇』で見るような美しい建築物です。

いくつもの違う建築方法の集合住宅地になっており、一軒あたり4000万元(6.4億円)〜7000万元(11.2億円)で売り出されています。ヨーロッパ風の宮殿から中国の伝統的な建築方法までさまざまあり、超高級住宅街として有名です。

出典 http://newhouse.hz.house365.com/lvchengyunqimeiguiyuanhz/xc/pic/290817.html

上海中粮海景壹号

出典 https://m.focus.cn/bj/loupan/

『上海汤臣一品』と同じく上海の外难の対岸に位置している陆家嘴地区にある高層マンションです。イルミネーションが綺麗であり、都会的なランドマークマンションは上海の象徴的な建築物になっています。

居住区だけではなく娯楽施設やスポーツジムも完備されており、住人にとってはマンション内だけで全て整う完璧な環境が提供されています。価格は3000万元(4.8億円)〜6000万元(9.6億円)で売り出されており、30階建以上の高層マンション群はひときわ高級感を放っています。

出典 https://m.kinpan.com/case/detail/2017101009271934880542c69b7075e

三亚仁恒・海棠湾

出典 https://m.anjuke.com/sy/loupan/411699/?jump=site&

『東洋のハワイ』とも呼ばれるリゾート地で有名な三亚市にある三亚仁恒・海棠湾は、海岸のビーチに作られた住宅街です。189戸もの戸建をリゾート地に見立てて水を取り込んだ画期的な作りになっています。

価格は4500万元(7億円)となっており、主に使う居住区ではなく別荘として世界中の富裕層に人気のエリアとなっています。またリゾート地ということもあり、ホテルとしての役割も果たしています。

出典 https://www.booking.com/hotel/cn/san-ya-ren-heng-hai-tang-wan-hai-an-du-jia-bie-shu.zh-cn.html

华润深圳湾瑞府

出典 https://macau.newhouse.fang.com/2019-09-28/33613023.htm

『深圳湾1号』と同じく深セン湾に面している高層マンションであり、IT企業や外資系企業の中心地であるオフィスの隣に位置しています。この一帯は一等地として有名であり、日本でいう東京の『渋谷』や『新宿』などの高層マンションと似ています。

円柱型の建物を含む高層ビル群は『华润集团』という香港に本社を置くホールディングス会社であり、地下鉄が3つも集結している地区なので賑わいのある商業地区となっています。

価格は深圳湾1号とほとんど同じく3500万元(5.6億円)〜9500万元(15億円)で売り出されています。今後中国の発展に期待されている深セン市の一等地に位置しているので今後も価格高騰が続くかもしれませんね!

おすすめの記事