人気記事!
【画像付き】中国に入国する時に必要なQR健康コードの書き方!

コロナが収束に向かい、日本から中国に渡航することが可能になりました。しかし以前とは異なり、多くの検査や証明が必要となり、知っておかなければ出国時にかなり慌ててしまう可能性があります。

今回は出国時に必要な『QR健康コード』をご紹介していきます。これは出入国の際に自分の情報を中国の政府機関に共有するために使用します。

これが1番難しいので手順を追ってご紹介します。


合わせて読みたい出国状況はこちら!

隔離ホテルまでの行き方はこちら!

隔離ホテルの状況はこちら!


QRコードを読み取る!

このQRコードは出発カウンターの列に並んでいる時に現れます。荷物を預けて搭乗チケットを貰ったあとに、コードを読み込む係員がいますので、そこに行くまでに完成させておきましょう(約30分)。

分からないことがあれば、係員は日本語が話せる人がいますので、聞いて完成させましょう。

それでは入力の仕方をご紹介します!

QR健康コードの入力方法

QRコードを『Wechat 微信』のカメラで読み込みましょう。

または普通のカメラでもQRコードを読み取れる物であれば可能です。

この画面が表示されたら、『申报(Declare)』を押すと申請用紙を記入する画面に飛びます。

ここでは、中国政府に出す書類として、虚偽報告がされた場合は、『罰金』や『入国拒否』などの処置が取られる可能性があります。と書かれています。

意味を理解した場合は、『我知道了(OK)』を押して次に進みましょう。

緑枠には、今回入力する情報を各個人の携帯に保存しておくことをお勧めします。また公共の電波や不確かなサーバーには保存しないでください。⇨【Agree 同意保存】を選択。

1.【Entry】

2.【氏名】全角ローマ字

3.【性別】

4.【国籍】

5.【日本での居住地】

6.【職業】会社員⇨公司员工 Office Workerなど

7.【生年月日】

8.【Passport】

9.【Passport番号】

II 1.【航空機、船、列車】
【その他】

II 2.【航空機、船舶番号】

2.【座席番号】カウンターでチケットもらってから記入!

3.【入国する空港、港】

5.【Overseas 境外】中国で使用できる携帯のない人

8100000000と記入

6.【他の中国国内で連絡が取れる人の携帯番号】中国語が喋れる会社の人、友達

7.政府指定ホテル(隔離されるホテル)の住所を記入

8. 激请方 【无】

接待方【无】

9.14日以内に中国、香港、マカオ、台湾に行っていたか?⇨【No 无】

行っていた場合、詳細を書く。

10.14日以内に他の国に行ったことがありますか?⇨【无】

11.14日以内にコロナに罹った人と接触していますか?⇨【无】

12.14日以内に発熱や呼吸器疾患のある人と接触しましたか?

13.14日以内に住んでいるところでコロナ症例が発見されましたか?

14.14日以内に会社や家庭内で二人以上の発熱や呼吸器疾患が発症した人がいる?⇨【无】

15.14日以内に出入国した時に以下の症状があるか?⇨【无】

16.14日以内に解熱剤、風邪薬、咳止めを使用していますか?⇨【无】

17.14日以内にPCR検査を受けましたか?検査結果は陽性ですか?⇨【Not detected 未检测】

IV 数字が四桁表示されるので入れる。

虚偽報告がされていないことを証明します。にチェックを入れて提出ボタンを押す。

最後にバーコードが出てくるので、『必ずスクリーンショットをしておくこと!』何度も出国や入国の際に提示をお願いされるので、スッと出せるようにしておきましょう。

おすすめの記事