人気記事!
【中国の山】仙人が住んでいた伝説が残る宗教の聖地10選!

日本人の多くが信仰していると言われている仏教ですが、その起源は中国にあることをご存知でしょうか?元々はインドから中国に伝播し、中国独自の宗派が生まれて日本に布教されました。

ちなみに日本に仏教を広めた人は誰でしょう?『天台宗の最澄』『真言宗の空海』が有名どころですが、その二人も中国に修行しに行って体得し、帰国後に日本に布教しました。

日本の仏教の原点は『中国』にあると行っても過言ではありません。そこで、今回は中国の仏教の総本山と言われるお寺はどこにあるのか?日本と中国の思想の原点である『中国十大仏教名山』をご紹介していきます。どぞ!

武当山 (ぶとうさん)

出典 https://k.sina.cn/article_5198662429_135dd4b1d0010041yl.html?cre=tianyi&mod=wpage&loc=2&r=0&doct=0&rfunc=41&tj=none&tr=98

湖北省十堰市に位置している武当山は、1994年にユネスコ世界文化遺産に認定されている観光スポットとなっています。周囲400キロにも及び、72もの山々からなる広大な山であり、その中で1番高い『天柱峰』は標高1612mあります。

その山脈の中腹には『道教寺院郡』があり、元の時代に戦火で焼失しましたが、明の洪武帝に再建されました。『玄天真武大帝』を奉る道教武当派と中国武術の『武当拳』の発祥地とされています。

綺麗な景観と、幻想的な修行寺のコントラストは『国家5A旅遊景観区』に指定されており、『天下一の仙山』とも呼ばれています。

中国の武術一覧はこちら!

峨眉山 (がびさん)

出典 http://m.pjvqa.site/newshtml/48723.html

四川省にある最高峰の山である峨眉山は標高3099mあり、1996年に世界自然遺産に登録されています。『中国三大霊山』に数えられ、山には26もの寺院があります。一帯は『普賢菩薩』の霊場であり、仏教の聖地として崇められています。自然と調和している寺院の周りには、絶滅危惧種を含む2000種の動物が生息しており、動物たちにとっても『聖地』といえます。

中国有数の観光地で、山から見下ろせる幻想的な雲は、『仙人』になったような気持ちになることができます。『国家5A旅遊景観区』に指定されてからは、山頂までのロープウェイも整備され、観光客がゆっくりと壮大な景色を簡単に楽しめるようになりました。

中国の絶滅危惧種はこちら!

五台山 (ごだいさん)

出典 https://dp.pconline.com.cn/photo/3599293_28.html

山西省東北部に位置する五台県に位置している五台山は、峨眉山と同じく『中国三大霊山』と呼ばれており、2009年に世界文化遺産に登録されている山です。

最も仏教の不況が盛んな時には300もの寺院が立ち並んでおり、『仏教の聖地』として名を馳せました。今でも山の中には47箇所の寺院が存在しており、『国家5A旅遊景観区』に指定されている観光スポットとなっています。

中国国内だけではなく、仏教の聖地として『世界五大仏教聖地』とされています。また仏教寺院だけではなく、チベット仏教の聖地でもあり、国内唯一の共通聖地として崇められています。ちなみに平安時代や鎌倉時代の日本の僧侶も率先して訪れ、修行したと言われています。

普陀山 (ふださん)

出典 http://travel.qunar.com/p-pl5830923

浙江省の舟山群島にある山であり、海抜は300mしかなく、山としてはかなり低いのが特徴的です。海岸沿いには大きな観音菩薩がそびえ立っており、『唯一の海上聖地』として年間360万人を超える観光客が訪れる観光スポットとなっています。

観音菩薩の霊場と言われ『中国四大仏教聖地』に数えられており、浙江省で唯一の『ISO14000』を獲得した綺麗な山です。中国の44箇所しか指定されていない『国家級重点風景名勝区』に指定されており、神秘的な空気感が特徴の有名な山になっています。

天台山 (てんだいさん)

出典 http://www.86258.com/news/308.html

浙江省の東部に位置する天台山は標高1138mであり、『道教の元祖』と呼ばれている神聖な山として崇められています。その名の通り、法華教を経典とした天台宗と道教南宗の発祥地とされており『中国三大霊山』に指定されています。

2000年には『国家4A旅遊景観区』に指定されていましたが、2015年に『国家5A旅遊景観区』に昇格し、『中国十大名山』に数えられるほど、歴史が作りあげた神秘的な景観は圧巻です。

雪窦山 (せっちょうさん)

出典 http://www.cppfoto.com/paper/detail.aspx?id=244915

寧波市に位置している雪竇山は海抜800mの山であり、自然風景が豊かな風景区として絶大な人気があります。60もの観光スポットが点在しており、有名なお寺や景色はもちろんですが、台湾(中華民国)を建国した『蒋介石』の故居があり、世界的にも有名になっています。

目の前には金色に輝く『露天弥勒大仏』が神々しく鎮座しており、周りにもいくつもの神話に登場する中国の神様が立ち並んでいます。また雪竇山は『四明山脈随一の山』と呼ばれており、神秘的な景観が特徴的です。雪竇山に乳峰があり、白濁色の水が湧き出し、それが滝となり麓に流れ落ちています。

中国の神話に登場する神はこちら!

九华山 (きゅうかさん)

出典 http://travel.qunar.com/p-pl5837247

安徽省に位置する九華山は、北西に長江を挟んで天柱山(武当山)が望め、南東には太平湖を挟んで黄山があり、『中国四大仏教名山』に数えられている神聖な山です。また地蔵王菩薩の霊場として有名になり、明代や清代の仏教全盛期では4000〜5000人の僧侶が修行をしていたと言われています。

安徽省の『二山一湖』の観光スポット戦略の重要な拠点であり、九華山を含めて周囲にある11の景観区でこうせいされています。『国家重点風景名勝区』であり、『国家5A旅遊景観区』に指定され、多くの観光客で賑わっています。

庐山 (ろざん)

出典 https://m.sohu.com/a/240734589_349236

江西省九江市南部に位置している廬山は、峰々が作り出す幻想的な風景が有名で『世界文化遺産』に登録され、『国家5A旅遊景観区』となっています。昔から『雄大、危険、奇抜』の三拍子が特に有名で、一度見れば心が動かされるほど圧倒される景色が広がっています。

4世紀に中国仏教の創始者と言われる慧遠が廬山に東林寺を建設して以来、この山を出ないと誓いを立てたことで有名です。太平天国の乱で寺院が破壊されてしまいますが、それまでは中国随一の仏教の聖地として、300以上の寺院が周囲に立ち並んでいました。

また文化的にも『司馬遼』や『李白』も何度も廬山に足を運んで、雄大な景色を眺め思いを馳せながら、作品を作ったと言われています。それ以降絶大なパワースポットとして人気が高い観光スポットになりました。

盘山 (ばんざん)

出典 https://m.sohu.com/a/240734589_349236

天津市にある盤山風景区は、天津市の西北に位置しており106平方キロメートルもある山です。景観区として評判があったのは漢時代からと言われており、北京の東に位置していることから『京東1番の山』と呼ばれていました。

王朝の避暑地として住まれていたり、壮大な景観は文化人にも人気のスポットでした。皇室文化と仏教文化が融合した建物と壮大な山の景観は、観光客を圧倒するものがあります。『国家5A旅遊景観区』にも指定されており、中国文明の重要な遺産として保護されているほど貴重な山となっています。

衡山 (こうざん)

出典 http://blog.sina.cn/dpool/blog/s/blog_6e9cca980100y6jt.html

湖南省衡陽市にある歴史ある山であり、『外国人観光客が行く価値のある観光名所』にランクインしている名所です。唐の時代に衡山に建てられた『南岳廟』は、湖南省最大の古代建築物であり、李白や杜甫もここで詩を残したと言われる文化芸術の発祥地とされています。また中国の神話に登場する神農氏が、『不老不死の薬』を採取した伝説が残されています。

衡山には寺院が200以上も点在しており、仏教だけではなく民間信仰の聖地としても崇められています。『国家5A旅遊景観区』に指定されており、毎年多くの国内外の観光客が訪れるスポットとなっています。

中国の伝説の不老不死の薬はこちら!

おすすめの記事