人気記事!
【オックスフォード】イギリスの歴史的伝統文化をハリーポッターの世界から学ぶ!

オックスフォードは、イギリスの東部にあるオックスフォードシャーの州都です。英語圏で最も歴史のあるオックスフォード大学が街の中にどどんと!そびえ立っています。また、オックスフォード大学は「ハリーポッター」のロケ地となっているため、ハリポタ好きには胸熱な場所を観光することができます。

ここではオックスフォードでハリーポッターの世界を味わいたい方必見の場所を紹介していきます!

オックスフォードの概要

オックスフォードは言わずと知れた大学の学生都市として有名です。「夢見る尖塔の都市」と呼ばれており、詩人化であり卒業生のマシュー・アーノルドが、建造物と建築が調和を実現している街という意味で造語にしました。

かなり古い都市として歴史を持つオックスフォードの起源は、912年に初めて文献で確認されました。古英語でオクサンフォルダと呼ばれ、「雄牛が渡ることができる浅瀬」という意味です。8世紀に聖フリデスウィデの女子修道院とともに都市としての歴史が始まりました。世紀を重ねるごとに、オックスフォードで学ぶ学生の数は増え続け、現在のように英国最古の学園都市として有名になり、街が形成されたと言われています。学生数が増えた原因は下記に書いてあります!

世界最高峰オックスフォード大学

街が大学?大学の中の街?というほど、どこまでが大学でどこからが大学外なのかわからないほど巨大なキャンパスがいくつも街の中にあります。オックスフォード大学は、11世紀末には大学の礎が築かれていることから世界で三番目に古く、英語圏で最古の歴史を持つ総合大学です。

皆さんも世界大学ランキングを見たことがあると思いますが、ハーバード大学・ケンブリッジ大学・スタンフォード大学の名門校を差し置いて2017年から4年連続大学ランキング1位に輝く世界的のエリート集団です。現在なお活躍している政治家や著名人を数多く輩出しており、日本でも皇族の留学先として学ばれていました。

オックスフォード大学の歴史

大学の創設は1167年と正式発表していますが、実際のところ今でも創立時期は特定できていません。というのも全ての施設が一斉に構築されたわけではなく、多くのカレッジが合わさり長い年月をかけて今の形になりました。最古の記録として残っているのは、1096年に講義があったことがわかっています。少なくともこの年代からオックスフォード大学としての礎が築かれていると思われています!

大学が正式発表している1167年は、ヘンリー2世によってイギリスの学生が旧パリ大学(フランスに存在した公立大学)に通うことを禁止したため、オックスフォードにパリにいた学生が移住し大学として学び舎を作りました。

しかし1209年に学生が殺人罪で処刑されたため、学校は一時解散とし、新しい学び舎を求め再集結しました。これがケンブリッジ大学の創設の起源になりました。1214年にオックスフォードで大学を再開することが許可されました。

ハリーポッターのロケ地を巡る

イギリスといえば映画の聖地として映画ファンにはたまらない観光地となっています。中でもベストセラー作品の「ハリーポッター」は国内外問わず絶大な人気があります。そのロケ地としてオックスフォード大学でメインシーンが撮られています!

ファンなら必見の胸熱スポットを紹介します。

クライストチャーチ

ハリーポッターの映画の中では、ホグワーツの食堂や図書館があります。シリーズの中で一番多く撮影されたスポットであるため、知っている方も多いはず!実際に学生たちにも食堂として利用しているため、ランチタイムの見学はできません。

・入場料 £8 ・定休日なし 10:00〜16:30

「不思議の国のアリス」の著者、ルイス・キャロルはオックスフォードで数学の教師として仕事をしていたため、クライストチャーチの中のステンドガラスに、アリスが書かれているガラスが一枚存在します。ぜひ探してみてください!

グレートホール

ボドリアン図書館

ロケ地だけが見どころではなく、大学内「クライストチャーチ」には多くの観光スポットがあります。1280年設立のセント・メアリー教会ではオックスフォード大学が一望できます。

おすすめの記事